2011

11.30

« 星をとって。 »

結構前に見終えていたのですが、
書くのを忘れていたので。

hoshiwototte_main.jpg
「星をとって」。

<あらすじ>
生命保険会社で働くパルガン(チェ・ジョンウォン)は、
5年間も勤務しているものの、営業成績最下位を記録更新中。
そんな境遇にもへこたれない彼女の原動力は、
長年憧れる会社の弁護士ウォン・ガンハ(キム・ジフン)の存在だった。
職業柄、冷たい性格と周囲から嫌われるガンハも、
パルガンにとっては完璧な理想の男性だった。
なんとかして彼に近づきたいパルガンは日々、自分磨きに忙しい。
そんなパルガンの両親は病院を運営していた。
実の子であるパルガンの他に、
両親は善意の心から親のいない子どもを養子として迎え入れ、
5人の子どもを育てていた。
パルガンにとってはこの血の繋がらない弟妹たちになんの興味もなかったが、
ある日、両親が交通事故に遭い、
突然、彼女は弟妹たちの保護者となってしまうのだった・・・。


<キャスト>
チン・パルガン役  ・・・・・  チェ・ジョンウォン
ウォン・ガンハ役  ・・・・・  キム・ジフン
ウォン・ジュンハ役  ・・・・・  シン・ドンウク
チョン・ジェヨン役  ・・・・・  チェ・ヨンイン


数回見ていてようやく気付いたけど、
ガンハって「なんでウチに来たの?」の人だったのね。
なんか髪型が不自然?で全然わからなかった。(ノω`)

パルガンがはじめはどうしようもないけど、
弟妹抱えて、どんどんたくましくなっていくあたりから、
続きが気になってあっという間に見終えました。
弟妹たちがかわいいのよね。
ちなみに、ガンハより私はジュンハのほうが好きです。

あと、ガンハを好きなジェヨン役のチェ・ヨンイン。
「妻の誘惑」のときのソヒもかなりイヤな役でしたが、
今回も憎まれ役。。
最後、びっくりするぐらい、あっけなくいい人になってたけど。
しかも、ジェヨンの母親役のチョン・エリ。
これまた「妻の誘惑」のときの、ソヒの母親!!
母娘配役が同じだったのでなんか不思議な感じでした。。

2011/11/30  22:07:03  韓国ドラマな日々トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL