2008

01.17

« 13年。 »

14歳になる誕生日を目前に控えたあの日から13年がたちました。
月日がたつのは早く。
阪神大震災が、私の人生の中間地点に位置しようとしています。

たとえ13年たっても。
あの日のことを忘れることはできません。

毛布にくるまって、呆然と外で夜明けを待ったあの空も。
ただひたすら、友達の名前が読まれないよう祈ったTVのニュースも。

今でも鮮明に思い出すことができるのに。

毎日の生活の中では、日々の些細なことに捉われて。
大事なことを忘れてしまいます。

1月17日。
昨日と変わらぬ今日を過ごせることに感謝を。

2008/01/17  01:23:45  ぶぅぶぅな日々トラックバック(0)  コメント(3) 

Next |  Back

comments

私もあの日のことは13年経っても鮮明です。
なんでやろね。

あの前日小さい地震があって、家族で「怖いね」「神戸は大丈夫やよ。」と話したことも。
夜、妙に暑くて全く寝られなかったことも。
本震の揺れも。揺れの直後の怖いくらいの静けさも。その後鳴り止まなかったサイレンの音も。ヘリコプターの爆音も。余震の怖さも。寒さも。ラジオから聞こえてくる犠牲者の名前を確認してるときの不安な気持ちも。

ご近所さんで助け合った日々も。友達と連絡が取れたときのホッとした気持ちも。他人の優しさも。生きてるだけでありがたいんだってことも。

普段はすっかり忘れてるけど。
今日は当たり前の日々を当たり前に過ごせることに感謝して過ごしたいと思います。

ぼん:2008/01/17(木) 07:17:46 | URL | [編集]

兵庫の被害とは比べものにならないけど、
あの日のことはめっちゃ覚えてる。

1月17日が近づくと思い出す大事なこと、
普段の生活でも感じなきゃね★
・・・と今は思ってもだんだん忘れてしまう(^_^;)

かな:2008/01/17(木) 23:30:52 | URL | [編集]

>>ぼん

一年前のことが思い出せなかったりするのに、
やっぱりあの日のことは忘れられないよね。
ほんと生きてるってすごいことなんだーって思ったけど、なんでその気持ちを忘れて日々ぐだぐだ言ってしまうんだか。。
そうそう。16日の晩に震度1ぐらいの地震があったんよね。
家族でテレビ見てたから、テロップみながら、「1ぐらいでテロップださんでも」みたいなことを言ったことも忘れられないわ。

>>かなちゃん

1月17日は、ほんとにいろんなことを思い出して、考えなおして、生きなおそう!!って思うんやけど・・・すぐに・・・ねぇ?!
でも、1年に1回でも考えなおす日があれば、それだけでも少しは違うかなと自分に言い聞かせたりもする。。

ぶぅ:2008/01/19(土) 13:08:09 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL